東京スカパラダイスオーケストラ in 新潟LOTS 2019年5月12日

来てしまった。新潟まで来てしまった。G20で厳戒態勢の新潟駅に新幹線が滑り込む。もちろん農業について考えに来たのではない。そう東京スカパラダイスオーケストラを観に新潟までやってきたのだ。一つ断っておくけど、我々はスカパラの追っかけではない。そしてスカパラはもちろんこのツアーで東京公演や首都圏でのライブもあった。そうここ2年ばかりというか1度もチケットに当選しないのである。前は別の方法で入手したのだが、今は全く手に入らない。という事でシビレを切らせて地方に手を出したのだ。そして新潟公演に見事当選し、この地にやってきたのだった。

新潟駅からバスに乗り、新潟LOTSへ到着。もう入場は始まっていた。このツアーはJAMセッションツアーとなっておりゲストがいる。この日は中村達也。欣ちゃんとのツインドラムなんて豪華すぎる。楽しみである。

照明が落ちてスカパラが登場し、演奏が始まるともう完全なスカワールド!新潟LOTSは非常に観やすいライブハウスで視界も良好!少し疲れていたが思う存分久しぶりのスカパラを楽しんだ。ライブが中盤に差し掛かるといよいよ中村達也の登場!なんか恐いイメージもあったのだが、すごくニコニコと楽しそうにドラムを叩いているのが印象的だった。欣ちゃんとの息もぴったり。2人とも好きなタイプのドラムなのだが違いがよくわかった。

中村達也はスカパラにとって恩人との事。初代ドラマー青木が急逝した時のツアーで時間がない中、ドラムを引き受けたのだ。お互いをリスペクトしこの演奏を楽しんでいる様子がこちらにも伝わってくる。途中、ブランキーの曲なども演奏された。

そしてスカパラは今年でデビュー30周年。このジャンルでトップを張り続け、若手ベテラン問わず様々なアーティストとコラボし存在感を放つバンドは他にはいない。ライブには楽しさ、かっこよさが詰まっており、何と言っても勝手に体が動くグルーブで時間を全く感じさせない。Paradice Has No Border、Down BEAT STONP、ペドラーズ、ルパン三世’78などの定番曲をかまし、Gloriousで本編終了。アンコールで再び中村達也も加わり終演。新潟まで来て本当に良かったと思える大満足なライブだった。

ただ地方は中々大変なので東京はもう少し大きな会場でやってもらえると嬉しいな。チケットがとにかく取れない。でもまた絶対行くよ♫

※写真はTwitterより拝借

batsuoandichiko

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

Follow me!