クロマニヨンズ レインボーサンダーツアー in 中野サンプラザ

少し時間が経ってしまったが、4月17日にクロマニヨンズ のライブに行ってきた。今回は自身ライブなどもあり、ニューアルバムもほとんど聴けず予習なしでのライブとなってしまった。バツお&イチこ2人とも半休を取り、いざ中野へ!

中野サンプラザ自体も久しぶりだったが、相変わらず観やすいホールだと思った。2階席だったが真ん中で快適に観ることができた。恒例の注意事項などの前説が入り、照明が落ちてライブ開始。アルバムをロクに聴いていないため後で分かったが、面白いぐらいアルバムの曲を順番通りに演奏していく。このアルバムの曲を順番に演奏していくスタイルは何年か前に観に行ったときと同じだ。これはニューアルバムのツアーとしてはすごく彼らにとって自然なやり方なのだろう。音響も良いせいか、曲が進むごとに熱帯びていく感じがした。途中に過去のアルバムの曲であるグリセリンクイーンやどん底、スピードとナイフなどを挟み、またアルバムの曲に入っていく。

ヒロトのハープはキレッキレ。これなしではクロマニヨンズ の楽曲は成立しない。また過去のバンドと比してもハープの重要性が高くなっていると思った。

後半に入り、アルバムのトリ前の三年寝たまでやり終えるとまた過去のアルバム曲からペテン師ロック、エルビス(仮)、雷雨決行、ギリギリガガンガンをぶちかます。イチこは特に雷雨決行がセトリに入ったことに感動していた。そしてアルバム最終曲GIGS(宇宙で一番スゲエ夜)演奏し、本編終了。

アンコールに入り、オートバイと皮ジャンパーとカレー、タリホー、ナンバーワン野郎を演奏しライブは終了した。

ヒロトとマーシーはもちろんベースの小林勝、ドラムの桐田勝治も含めてクロマニヨンズ の4人はもう10年以上毎年新作を作り、アルバム曲を中心としたツアーを組んで活動しているのだが、これがロックバンドとしての当たり前であり、そうあるべきだという活動を貫き通している。ファンとしてはこの当たり前がたまらなく嬉しい。この当たり前の活動をするバンドは滅多にいないのだから。是非、またクロマニヨンズ のライブに行きたいと思う。今度はちゃんと新作聴いていきます♫

batsuoandichiko

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

Follow me!