チャラン・ポ・ランタン ライブハウスツアー2019「脱走」in 柏PALOOZA

名作「ドロン・ド・ロンド」を提げ、始まったチャランポのツアー。私はいつものイチこやチャランポ友達と共にバツおのアナザースカイ柏へと向かった。この街も徐々に姿を変えてはいるが、懐かしさと共に柏PALOOZAへと向かった。

着くと結構な列が出来ていたがそこそこの整理番号を取っていた我々は比較的スムーズに入った。ライブスペースへ入るとそこはもうかなり埋まっており、自身のライブの翌日としては過酷なライブになる事が予想された。我々は最後方の小上がりスペースへ場所を取った。

そしてライブが始まった。ネタバレを嫌うチャランポなのでセトリ上の曲をファイナルまでは書かないのが、チャランポファンの間でのマナーとなっているため、詳しく書けないがニューアルバムの曲とそれまでの曲とでバランスよいセトリだと思った。前半は特にMCは少なめで曲をガンガン演奏していく。また今回はカンカンバルカンでもない、そして崩壊バンドでもない新たなバンド編成だったがお互いのいいところが融合している気がする。ある意味、特徴を失ったとも言えるけどチャランポのどんなタイプの曲も違和感なく聴けて、チャランポのバックバンドとしては理想的な配置でないのかなと思う。でもとんちゃんのソプラノサックスやごまちゃんのトランペットがないのはちょっぴり寂しいけど、、、。

何かニューアルバムからして吹っ切れた感のあるが、ライブの内容も企画やコンセプトより曲で引っ張っていく感じの内容だった。ちょっと人が多すぎて観にくかったのが残念だったのだが、内容としてはすごく満足感のあるライブだった。次回は追加公演の「脱走の果て」。席もあるホールなのでまたこのバンドがどんな進化を遂げるのかすごく楽しみ。

またおまけでバツお&イチこの話になってしまうのだが、柏のストリートミュージシャンの登録申請中だったこともあり、演奏会場となる柏駅前ダブルデッキを視察してきました。以前何度も通ったこの場所、正式に登録証も届いたので近いうちに演奏してみたいと思います♫

batsuoandichiko

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

Follow me!