TOKYO GUITAR JAMBOREE 2019/3/9

雨が多い週だったが、土曜日のこの日はよく晴れて暖かい日だった。この日はバツお&イチこ揃って両国国技館で行われる弾き語りのイベントである今年で4回目を迎えたTOKYO GUITAR JAMBOREEへ行った。今年から2Daysになったこのイベント。甲乙付け難い出演者達が両日に散らばったが、真心ブラザーズが観たかったので相談して初日をチョイスした。

初日は先述の真心ブラザーズ他に奥田民生、竹原ピストル、GRAPEVINEの田中和将、ウクレレやドラえもんの映画の主題歌で話題の平井大、石崎ひゅーい。ANLYがライナップされていた。

両国国技館は武道館よりも近く感じてまた升席などもあるので、弾き語りイベントと合わせると室内ピクニック的な感じだ。中ではちゃんこ鍋や弁当なども売られており、我々もビールを飲みながらまったりとしていると司会のクリスペプラーが出てきてこの日の幹事である真心ブラザーズの2人も登場し、鏡割からライブがスタートした。

トップバッターはANLY。登場するといきなり馴染みのなる曲を弾き語った。曲はなんと今旬過ぎるクイーンのボヘミアン・ラプソディだ。こんな曲を弾き語りでどうやって?と思ったが見事な歌とアレンジで喝采を浴びた。初めて観たアーティストだったが、オリジナル(たぶん、、、)を含めて4曲披露して次へ譲った。続く石崎ひゅーいも初。個性的な声が印象的だった。ギターと歌は力強かったがどこか切なさもあり、引き込まれている自分がいた。

続くは平井大。いきなりクラプトンのChange The Worldのカバーからスタート。めちゃくちゃかっこよかった。見事なギターと歌。そしてウクレレに持ち替えると一転暖かな印象の楽曲を届けてくれた。そしてラストは最新の映画ドラえもんの主題歌「The GIFT」を披露。なんといい歌。感動のシーンで流れたら泣いちゃうだろうなと考えていた。

30分の休憩を挟むとGRAPEVINEのフロントマン田中和将が登場。歌い出した途端に会場の空気を支配してしまう歌声。アコギとエレキを使い分けてのステージだったが、ただの弾き語りというよりバンドサウンド的な仕上がりに感じた。会場が独特の世界観に魅了されていくのがわかった。

そしてお待ちかね奥田民生の登場。今日はユニコーンのプロモーションで来ましたといってなんとユニコーンの曲中心のステージ。1曲目は働く男からスタート。こうやってユニコーンの曲を生でしかも弾き語りで聴くのは初めてだったので嬉しかった。ブルース、私はおじさんになったを挟み大好きな雪が降る街、そしてヒゲとボインを披露。昨年、ワンマンも観に行っているが曲がユニコーンだとまた新鮮だ。そして改めて奥田民生の声が好きだと思った。

また30分休憩を挟むとなんと奥田民生の後かよと思ったが、竹原ピストルの登場!おーい!おーい!からスタートし、もはや定番曲となったLIVE IN和歌山、そして昨年バツお&イチこでワンマンに行った時にある事が起こって観そびれたForever Youngをステージである土俵が回転してこっち側正面で歌ってくれた時は神かと思った(笑)。これにはイチこちゃんも感動していた。そしてAmazing Grace、よーそこの若いの、浅草キッド、狼煙と立て続けに歌いステージを降りた。この人のライブを観てよくなかったと思ったことは一度もない。常に真摯な気持ちでステージに臨むこの姿勢は素晴らしい。本日も堪能した。

そしてラストは真心ブラザーズの登場。ボブディランの名曲、マイ・バック・ページスからスタート。オリジナルのメロディに日本語詞を付けたものだが、のっけから大好きな曲でテンションが上がった。そしてメロディーを挟み、吉田拓郎の名曲、流星をカバー。さすが真心、素敵な選曲だ。ここでYO-KINGが今日は気分がいいので40年ぶりにサマーヌードを歌います!と言ってサマーヌードを披露。もちろん結成30年の真心なので40年ぶりは嘘ですが、この時はテンションはMAXになった。そしてさらにどかーんも披露、空にまいあがれで締めてステージを終えた。これが観れただけでもきた甲斐あったと思わせる素晴らしいセトリだった。

最後に出演者全員でカントリーロードを歌い。この日のイベントは終了。様々な素晴らしいアーティストの弾き語りを一度に観れてお得感満載。相撲風の呼び出しや登場シーンなんかも楽しく、また来年以降も行ってみたいと思えた。バツお&イチこも満足なライブイベントでした。

batsuoandichiko

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

Follow me!